津波から3週間ぶり 気仙沼沖で屋根の上にいた犬を救助 東日本大震災の記録

2011年3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震 、東北関東大震災)M9.0について 日本、世界の動きを記録していきます。 4月1日管首相が震災の呼び名を「東日本大震災」とすると発表した。

                 
充電式扇風機       ソーラーチャージ    非常持ち出しセット    多機能ラジオ       ミネラルウォーター     放射能測定器
 
楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
楽天市場の場合1000ポイント=1000円です。
ホーム > スポンサー広告 > 津波から3週間ぶり 気仙沼沖で屋根の上にいた犬を救助ホーム > 奇跡の救出・生還 > 津波から3週間ぶり 気仙沼沖で屋根の上にいた犬を救助

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)

津波から3週間ぶり 気仙沼沖で屋根の上にいた犬を救助

津波 茶色い犬 救助

震災から3週間経った4月1日午後、宮城県気仙沼市本吉町の沖合約1・8キロの海上で、漂流していた屋根の上に茶色い中型犬がいるのを、第3管区海上保安本部(横浜)所属の特殊救難隊が発見した。 救助に降り立ったが犬が逃げてしまった為に一旦救助を断念。 
約1時間後に巡視艇で現場に向かい午後5時過ぎに無事に犬を保護した。

犬は救助後海水に濡れていたせいか震えておびえていたが、隊員がソーセージやビスケットをあげると喜んで食べ隊員をペロペロなめていた。
犬は茶色い首輪をつけているので飼い犬のようだが名前、住所は書いてなかった。犬はメスの雑種犬。現在は動物愛護センターが飼い主が見つかるまで世話をするが、飼い主が見つからなかった場合は、海上保安庁の職員が世話をしてもいいと名乗り出ている。



海上に漂流している屋根の上で犬を発見。走り回っていた。
気仙沼沖 救助 犬1 


隊員がヘリコプターから降りて犬の救助に向かった。
気仙沼沖 救助 3週間ぶり 犬 

しかし、犬は屋根の壊れた場所から屋根裏へと逃げこんでしまう。 隊員は犬と行方不明者をさがしたが発見には至らず、一旦引きあげた。
津波 犬 救助 

再び巡視艇で向かい、隊員は冷たい海の中に入り犬の救助を行った。そして犬が小型担架に乗ったところ助け出した。
気仙沼 犬 津波 


犬は大人しくしていたが濡れた体で震えていた。毛布にくるまっていたがソーセージを食べると、隊員にしっぽを振り元気な姿を見せた。
津波 犬 救助2 


追加
4月4日、飼い主と再会の記事へ




関連記事
【2011/04/02】 奇跡の救出・生還 |

[今なら10000ポイント]あなたの傾向と恋人候補データさしあげます! あなたの“結婚力”を診断しませんか?

カテゴリ

残り1つです。入荷しても即売り切れます。 ホンダ発電機
チェルノブイリ ウクライナ軍使用
放射能測定器