江戸川区花火大会など花火大会中止で苦しむ被災地の業者 東日本大震災の記録

2011年3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震 、東北関東大震災)M9.0について 日本、世界の動きを記録していきます。 4月1日管首相が震災の呼び名を「東日本大震災」とすると発表した。

                 
充電式扇風機       ソーラーチャージ    非常持ち出しセット    多機能ラジオ       ミネラルウォーター     放射能測定器
 
楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
楽天市場の場合1000ポイント=1000円です。
ホーム > スポンサー広告 > 江戸川区花火大会など花火大会中止で苦しむ被災地の業者ホーム > ニュース記事のまとめ > 江戸川区花火大会など花火大会中止で苦しむ被災地の業者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)

江戸川区花火大会など花火大会中止で苦しむ被災地の業者

日本の夏の風物詩となっている花火大会が首都圏を中心に中止との決定が相次いでいる。

約1万4000発が夜空を彩る東京都の江戸川区花火大会は、先月7日に初の中止が発表された。同区は節電による鉄道各社の増便計画が不透明なことと、震災対応で警備人員が不足する可能性をあげる。さらに予算の約4割を占める協賛金もネックとなり、「被災地支援が求められる時期に、協賛金を集めるのは難しい」(同区)と理由を説明している。

隅田川花火大会も決行するか大きな議論となっており、開催も危うい。その他の花火大会も自粛や安全が確かめられないなど中止となった場所もある。

中止の決定は被災した東日本の業者にも重い負担となってのしかかった。復興へと前へ進もうとしている人たちに大きな壁となってたちはだかった。

「東北の花火文化は終わりを告げることになるかもしれない…」

 福島県須賀川市で花火製造業を営む糸井一郎さん(57)は、危機感を隠さない。

 震災から1カ月程度で業務再開にこぎ着けたが、年間約100件あった打ち上げの仕事のうち、開催が決まっているのは数件程度。本来ならば連休明けはフル稼働となるが、縮小生産を余儀なくされている。

 18人いた社員の多くは一時的に、県内の別業種の会社に移ってもらった。糸井さんは「最終的に例年の2割の仕事があればよい方だろう」と嘆息する。

 宮城県内の花火製造業の男性(54)も「夏場で年収の大部分を稼ぐ。これでは、会社が来夏まで持ちこたえられるかどうか分からない」と打ち明ける。

花火業者で作る社団法人「日本煙火協会」の河野晴行専務理事は「花火は単なるイベントではなく、慰霊の思いを込めた祭祀(さいし)の意味もある。むしろ花火を見ることで東北を応援してほしい」としている。
サンケイ新聞より抜粋
関連記事

[今なら10000ポイント]あなたの傾向と恋人候補データさしあげます! あなたの“結婚力”を診断しませんか?

カテゴリ

残り1つです。入荷しても即売り切れます。 ホンダ発電機
チェルノブイリ ウクライナ軍使用
放射能測定器