福島第一原発の津波の高さは15m 波しぶきは最大20m超えと推測 東日本大震災の記録

2011年3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震 、東北関東大震災)M9.0について 日本、世界の動きを記録していきます。 4月1日管首相が震災の呼び名を「東日本大震災」とすると発表した。

                 
充電式扇風機       ソーラーチャージ    非常持ち出しセット    多機能ラジオ       ミネラルウォーター     放射能測定器
 
楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
楽天市場の場合1000ポイント=1000円です。
ホーム > スポンサー広告 > 福島第一原発の津波の高さは15m 波しぶきは最大20m超えと推測ホーム > 福島原発事故 > 福島第一原発の津波の高さは15m 波しぶきは最大20m超えと推測

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)

福島第一原発の津波の高さは15m 波しぶきは最大20m超えと推測

東京電力は4月9日、東日本大震災による津波は、福島第一原子力発電所1~4号機の原子炉やタービン建屋などの主要設備があるエリアのほぼ全域が、4~5メートルの深さまで浸水していたことが分かったと発表した。津波の海面からの高さは最大14~15メートルだった。

避難した作業員が、近くの展望台から第1原発付近を撮影したものをみると、付近のがけに当たった波しぶきの高さは、20メートルを超えているのではないかとしている。

福島第一原発 津波の高さ


津波は複数回、同原発を襲っており、第一波の到達は地震発生から41分後の午後3時27分だった。

一方で、福島第2原発では、津波の高さは海水ポンプの設置エリアで7メートル程度で、主要建物エリアでは道路が冠水したものの、第1原発ほどの被害はなかった。





関連記事
【2011/04/09】 福島原発事故 |

[今なら10000ポイント]あなたの傾向と恋人候補データさしあげます! あなたの“結婚力”を診断しませんか?

カテゴリ

残り1つです。入荷しても即売り切れます。 ホンダ発電機
チェルノブイリ ウクライナ軍使用
放射能測定器