15メートルの津波から生還 南三陸町 佐藤仁町長 東日本大震災の記録

2011年3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震 、東北関東大震災)M9.0について 日本、世界の動きを記録していきます。 4月1日管首相が震災の呼び名を「東日本大震災」とすると発表した。

                 
充電式扇風機       ソーラーチャージ    非常持ち出しセット    多機能ラジオ       ミネラルウォーター     放射能測定器
 
楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
楽天市場の場合1000ポイント=1000円です。
ホーム > スポンサー広告 > 15メートルの津波から生還 南三陸町 佐藤仁町長ホーム > 奇跡の救出・生還 > 15メートルの津波から生還 南三陸町 佐藤仁町長

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)

15メートルの津波から生還 南三陸町 佐藤仁町長

南三陸町 津波からの生還の佐藤仁町長 
写真:佐藤町長

陸前高田市の町長が行方不明、連日テレビではその言葉が何度も流れていた。
しかし町長は生きていた。

職員約30人が詰めていた同町の防災庁舎は鉄骨だけになったが、佐藤仁町長(59)ら10人が奇跡的に生き残った。

 大震災の時、佐藤町長は町議会にいた。閉会間際に、長く激しい揺れが襲った。本庁舎隣の防災庁舎に移り、防災無線で避難を呼び掛けた。

 30分後、屋上から職員が「津波がくる」と叫んだ。1960年に町を襲ったチリ地震津波は高さ5・5メートル。町の防災計画はすべてこの津波が基準。だが屋上に上がった佐藤町長の目に、高さ8メートルの水門をはるかに越える津波が来るのがはっきりと映った。

 高さ11メートル、3階建ての防災庁舎も津波にすっぽりのまれた。佐藤町長は偶然、鉄製の手すりにしがみつく。「波の下にいたのは約3分間だと思う。途中、なんとか息継ぎができた」。第1波が引いた時、防災庁舎に残ったのは、手すりにつかまった7人と、屋上のアンテナに抱きついた3人のみだった。

 大津波は第4波まであり、そのたびに頭まで水をかぶる。雪も吹き付け、刺すように冷たい風。屋上に流れ着いた流木やロープを燃やして暖をとった。職員の一人は、庁舎隣の自宅が、妻を残したまま流されるのを目の当たりにした。

 「これは夢だよね、と話し合った。朝がきて街を見るのが怖かった」

 朝日に照らされたのは、数軒の建物が残る変わり果てた光景。役場で働いていた130人の大半は、いまも連絡がとれない。

 ロープを伝って下りたのは12日午前8時半ごろ。佐藤町長は避難所を回って無事を伝え、町総合体育館に町災害対策本部を設置。海水のしみこんだ防災服で陣頭指揮を始めた。しかし「役場がなくなり、情報発信が全くできなかった」。携帯電話のアンテナも流されたようで、通じない。

南三陸町 防災庁舎 
東日本大地震 津波 

関連記事
【2011/03/26】 奇跡の救出・生還 |

[今なら10000ポイント]あなたの傾向と恋人候補データさしあげます! あなたの“結婚力”を診断しませんか?

カテゴリ

残り1つです。入荷しても即売り切れます。 ホンダ発電機
チェルノブイリ ウクライナ軍使用
放射能測定器