【日本を愛しています 励ます為】ドナルド・キーン氏日本永住 最後の講義 東日本大震災の記録

2011年3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震 、東北関東大震災)M9.0について 日本、世界の動きを記録していきます。 4月1日管首相が震災の呼び名を「東日本大震災」とすると発表した。

                 
充電式扇風機       ソーラーチャージ    非常持ち出しセット    多機能ラジオ       ミネラルウォーター     放射能測定器
 
楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
楽天市場の場合1000ポイント=1000円です。
ホーム > スポンサー広告 > 【日本を愛しています 励ます為】ドナルド・キーン氏日本永住 最後の講義ホーム > 寄付・支援のまとめ > 【日本を愛しています 励ます為】ドナルド・キーン氏日本永住 最後の講義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)

【日本を愛しています 励ます為】ドナルド・キーン氏日本永住 最後の講義

アメリカの日本文学研究の第一人者であるコロンビア大学名誉教授のドナルド・キーンさんDonald Lawrence Keene(88)が、日本への永住を決め、26日に最後の授業を行った。

ドナルド・キーン氏 日本へ帰化 日本国籍取得


キーンさんは冒頭、参加した大学院生らに「愛する日本に移り、余生を過ごす。(東日本大震災や福島原発事故の発生で)多くの外国人が日本を離れる中、私の決断に驚いた人もいたが、『勇気をもらった』と言ってくれる人もいた。」と心境を語った。


 キーンさんは、日本の文学作品の翻訳などを通じて日本の文化を世界に紹介してきた。88歳になり、日本への永住を考え始めた時に起こったのが東日本大震災だった。

 56年間勤めたコロンビア大学での最後の授業では、能の成り立ちについて説明を行い、1時間半の授業を締めくくった。授業の後、キーン氏は「日本の生活が好き。日本人との付き合いが好き。私がしたことは何でもないことだが、一般の人に勇気を与えられたとすれば、素晴らしいことだと思う」と話した。

 キーンさんは8月頃までには東京都のマンションで生活を始め、執筆活動を続けていきたいと話した。

関連記事

[今なら10000ポイント]あなたの傾向と恋人候補データさしあげます! あなたの“結婚力”を診断しませんか?

カテゴリ

残り1つです。入荷しても即売り切れます。 ホンダ発電機
チェルノブイリ ウクライナ軍使用
放射能測定器